投資信託分配金と確定申告について

投資信託を考えている方に必見情報について詳細に説明します。

メインイメージ

投資信託分配金と権利関係

投資信託を行うことで、投資信託分配金がもらえることは大きな魅力だと言えます。
場合によっては、投資金額よりも遥かに多くのお金を得られる可能性もあるので、そこも大きなメリットだと言えます。
さて、投資信託分配金を受け取るためには、まずは受け取る権利を取得する必要があります。
基本的には、決算時期まで投資信託を保有していれば、権利を取得することができます。
それによって分配金を受け取ることができるのです。
逆に言えば、決算時期までに投資信託を売却してしまうと、分配金を受け取ることはできないのです。
たとえ決算時期の前日であっても、投資信託を保有していなければ、受け取る権利は取得できないのです。
また、投資信託分配金は、決算をされてから5日後に受け取ることになります。
したがって、すぐに分配金を受け取れるわけではないので注意が必要です。

投資信託分配金と権利関係について

もちろん、決算日になれば必ず分配金をもらえるとは限りません。
当たり前ですが、利益が出て初めて分配金が発生するため、利益が出なければ分配金そのものが発生しないのです。
したがって、場合によっては長期にわたってほとんど分配金を得られない可能性もあり得るのです。
これに関しては、投資信託である以上は仕方がないことなので、利益が出るまで我慢し続けるか、あるいは早めに見切って売却するしかありません。
逆に、安定して利益が出るようにあれば、かなり大きな分配金を毎月のように得ることができます。
そこが、投資信託の最大のメリットでもあり、逆に言えば最大のリスクでもあるのです。
いずれにしても、決算日までに投資信託を所有している以上は、投資信託分配金を受け取る権利はあるわけですから、万が一利益が出たにも関わらず分配金がもらえない場合は、投資信託に問い合わせをするようにしましょう。
逆に、権利がない以上は、どんな理由であれば分配金はもらえないので、そこも覚えておくようにしましょう。

投資信託分配金はどのような仕組みとなっているのか

投資信託分配金というのは、投資信託をすることで定期的に配当を得られるわけですから、そこが1番の魅力とも言えます。
投資信託にもよりますが、毎月分配金を決算してくれるので、毎月安定して収益を得ることもできるわけです。
今の時代は、銀行の金利は雀に涙程度ですから、自分の資産を効率良く運用する方法として、投資信託は一目集めているのです。
ただし、一方で利益が出なければ分配金が出ないことから、逆に損失を被ってしまうこともあるのです。
したがって、資産運用としてはそこまでハイリスクではありませんが、それでも全くのノーリスクというわけではないのです。
投資信託分配金というのは、資産の運用によって得られた利益や収益を、投資信託を利用している人に還元する仕組みなのです。
ですから、簡単に言えば株式投資と似たようなシステムで、購入価格や口数が多ければ、より大きな配当を得ることができるのです。
もっとも、投資信託分配金には基準価格がありますから、それに応じて投資信託の利益が算出されることになります。
したがって、単純な投資信託分配金だけでは、収益を計算することはできないわけです。
なお、投資信託分配金に関しては、必ずしも毎月分配金を出すわけではありません。
投資信託によって、数ヶ月に1度や、あるいは1年に1度しか配当金を出さないところもあります。
そのような場合は、通常よりも分配金が多くなる傾向にありますが、毎月分配金を得られないデメリットもあるため、どちらが良いかはその人次第だと言えます。
そして、投資信託分配金で利益を得た場合は、課税の対象となります。
もっとも、大半の投資信託では、分配金を出す時に税金を差し引くので、原則として確定申告は必要ありません。
ただし、金額によっては確定申告をすることで、いくらかお金が戻ってくる可能性もあるので、損をしたくないのであれば確定申告をした方がいいかもしれません。

最近のコメント

    アーカイブ

    Copyright© 2014 投資信託分配金と確定申告について All Rights Reserved.